So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月17日| 2017年03月13日 |- ブログトップ

自転車事故1

3月10日 14時50分
車に追突されました。

今後の記録など含め記載するのと…
ロード乗りの方々が、同じ事にならない事を含め記録として記載します。

事故は平日の昼過ぎでまだ明るい状態でした。
道は片側1車線ですが、中央分離帯がありバス通になっている道。

事故箇所は、交差点ではなく、見通しの良い一直線の道をまっすぐ進んでいる時に後ろから車に突っ込まれました。

真後ろであり、避けることも何も出来なく
気付いたら、後ろに一回転し左側の臀部から地面に叩きつけられ、天を向いてました。

自転車は身体が叩きつけられた反動でビンディングが外れ道路に落ちた感じみたいです。
リアディレイラーがハンガーからポッキリ折れ
リアタイヤが歪み、サドルの皮が捲れた感じ。

身体の状態ですが、骨折や裂傷は無く全身打撲といった感じです。
ただし…臀部から落ちたため、臀部の腫れが半端なく座るのに苦労する状態と足の痺れが取れない感じです。

精密検査を土曜日したので結果待ちですが…
まぁ生きていて良かったと…( ̄▽ ̄;)

本日、加害者側の保険会社から電話があり、治療費や自転車の損害関係に関して軽く説明がありました。

少し?(感情的にはかなり)腑に落ちないですが
過失の話し…よくある話ではありますが、同じ進行方向に動いていた場合の事故は10対0にはならないらしい。

確かにわかる気はしますが…私は道路の左端(白線の上辺り)を走行していて、真後ろからの追突は…注意しようも無いです(>_<)
ブレーキをかけた訳でもなく…普通に走っていたのに…

保険会社は生保リサーチという会社に事故に関する調査依頼し結果が出たら過失割合を決めるとのこと…どういった結果になるかは分かりませんが…何だかやるせない気持ちでした。

本日、ショップに持ち込み状態を見て頂きました。
フレーム+リアホイール+ペダル+リアディレーラー全損扱いみたいです。
修理等の見積もりをお願いしました。

店長と話しましたが、今まで色々な事故の扱いをしてきたが、まっすぐの道路で真後ろから追突された例は無いと…
避けられないよねって言われました。

正にその通りでした。

ただ…自転車は道路を走るし車と同じだから
真後ろからの追突事故はあるって事を今後の自転車ライフに刻もうと思います。

治療や事故処理、賠償請求など…
色々山積みですが、少しずつ解決していきたいと思います。

自転車乗りの皆様。
くれぐれも事故には注意してください。
楽しい自転車ライフが続けられますように!!

2017年02月17日| 2017年03月13日 |- ブログトップ